08
1
2
3
5
9
10
16
17
18
23
24
25
27
29
30
31
   

シャネル&陶板画

「朝夕はすっかり秋の香りがします。
香りといえば、香水・・・香水と言えば・・・・
『シャネル №5』。香水の王様です。
個性の強いシャネルブランドの中でも、№5は余りにも有名ですね。

      シャネル

第二の洋服、香水。
『この世のものとは思われないほどの美しさ』
を香りに変換したのがNo.5と言われています。

ところで、今日リーさんはどこに隠れているんスか?」

ここここ!!隠れてなんかいないですよ。
お店には、実は所々にひっそりと絵が飾ってあります。

       陶板画

これもその一枚で、陶板画です。
陶板画とは原画を写真製版し陶板に焼き付けたもので、
その時々の陽の状態や照明によって雰囲気が変わります。
日高政広さんの『海岸教会』という絵が原画となっています。
横浜の海岸教会でしょうか・・・・。静かな絵ですね。
教会の厳かな雰囲気が伝わってきます。

カトー、最近筋トレサボッてない?
「リーさんこそ、あちょーサボッてませんか?」
そうだったかな・・・・ちょっと待ってね。
アッチョー!!!
どうぉ?
「は、はい・・・ありがとうございました・・・(汗)。」





スポンサーサイト

theme : これほしい!
genre : 趣味・実用

ビスクドール&帽子


そろそろ夏休み気分も終わるころですね。
今頃夏が来た感じですが、あともう少しで秋。
秋といえば、おしゃれ・・・行楽・・・・。
そこでこれです。

        帽子

可愛い帽子でしょう。
『ポールカ』というフランスのブランドです。
別珍のような風合いで、秋にピッタリです。
つばの大きさも調度よく、レディによく似合いそうです。
・・・・おお!!リーさん登場ですよ。

         ビスク
ビスクドールです。可愛いですね・・・・。
みんなが夏休みの間もずっとここにいてくれたんですか。
どなたか迎えにきてあげて下さい。

カトーは納涼会にも行ったらしいね、ずるいぞ。
「なぁにを言ってるんですか・・・いなかった癖に。」
いたよ・・・店の隅っこに。
「自転車もゲットしたし、楽しかったスよ。」
休み明けで、なんだかノリが悪いなぁー。
頑張るぞー、アチョーアチョアチョ、アチョー!!

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

可愛いお客様

リーさんもカトーくんも、社長の夏バテが伝播したのか
二人揃ってお休みです。
案内係が二人共留守で、さてどうしましょう・・・・。
うれしや!!可愛い応援団が登場してくれるようです。

            バロン
     バロンちゃん、いらっしゃい。
バロン「残暑が厳しいですね・・・・。皆さん夏バテ?お大事に。」

          パティー
      パティーちゃん、いらっしゃい。
パティー「・・・・・・・・・・。恥ずかしいです。」

他にもまだ可愛いお客さまがたっくさんいるので
リー&カトーがお休みの時に紹介したいと思います。
では、また・・・・(by影の声)。


theme : 犬猫のいる生活
genre : ペット

マイセン

リーです、ご無沙汰でした。只今夏休みから戻りました。
リフレッシュしたところで、今日は『マイセン』です。
そうです、洋食器界のメルセデス!!

         マイセン

マイセンを語るときには外せない
マイセンMeissenベーシックフラワー『五つ花』シリーズです。

マイセンc&s
ティーカップ&ソーサー・・・・

              マイセンクリーマー
               クリーマー・・・・・・
                        マイセンシュガーポット
                         シュガーポット・・・

                               ティーポット
                        ティーポット・・・

手描きの代表といえるのがこのシリーズです。
約300年前、東洋の陶磁器に憧れ、
西洋で初めて白磁の硬質磁器の開発に成功しました。
その繁栄の歴史の裏には、時代の流れや、
陶磁器に果てしない情熱を傾けた人々を抜きにして語ることはできません。
なかでもドイツのザクセン選帝候アウグスト2世(アウグスト強王)は
東洋磁器屈指の蒐集家であり、
アウグスト軍に属する兵士600人とプロイセンの壷151個を交換したという逸話も伝わっています。
アウグスト強王の情熱によって誕生したマイセン磁器。
宝石と言っても良いくらいの美しさです。

是非お店にもいらして下さい。
僕もいます。


theme : 陶磁器、陶芸、作陶、焼成
genre : 趣味・実用

ズバリ!納涼大会

行ってきました!!
由比ガ浜商店街主催「納涼大会」。
由比ガ浜商店会所属100店舗の皆さんが
一同に会して、賑やかでした。
手作り看板が泣かせます・・・・

        納涼大会

飲み放題、食べ放題へスタッフ全員で乗り込みました。

              おでん
               夏のおでんもなかなか良いものです・・・

                             ご馳走
                              良く食べました・・・・・・                   

そして、メインイベント!!抽選会!!
な、なんと、我がチーム(いつの間にかチームになっている)は
一等賞の「自転車」をゲットしました。
凄いッスねぇ・・・カッコ良すぎッス。 

         自転車ゲト
         ほら、ピッカピカの新車!!
         ブルースリー号として、今後活躍しそうです。
         祝!!自転車ゲット!

                  そんな騒ぎはどこ吹く風、政治談議に
熱中しているおじさん達もいたりして・・・・・
                  政治について

新しいタイプのカッコイイ「海の家」が増える中、
昔ながらの昭和レトロな海の家「とき」での納涼大会。
楽しかったッス。そう言えば、鎌倉市長も参加してましたねぇ。
社長!!ごちそうさまッス!



                  

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

アウガルテン

今年の夏も終盤ですね。
あまりパッとしないお天気続きで、景気と比例?
とまで思ってしまいました。

そこで今日は、パッとした絵皿を紹介します。

       トゥーランドット正

僕が邪魔ですね・・・すみません。
こちらは、「アウガルテン」1998イヤープレート
パラビッチーニのデザイン 『トューランドット』です。
1937年パリ万博に出展された花瓶のデザインです。
1997年から毎年世界限定365枚製作されています。
バックナンバーが記入され大変希少価値の高いものです。
もちろん手描き。

         サロメ

またしても僕が邪魔ですね・・・すみません。
こちらは、「アウガルテン」2002イヤープレート
同じくバラビッチーニデザイン『サロメ』です。
サロメは新約聖書にでてくる美しい王女の名ですが、
戯曲やオペラでお馴染みの方が多いかと思います。
この作品は1937年パリ万博で金賞をとりました。
ヴェールをまといカウチに横たわるサロメ、魅力的な作品です。

どちらも 径23センチ

今日はスタッフ全員で、納涼に出掛けると聞きました。
何をするんスカね。
こっそり着いて行ってみましょうかね。
それはそうと、リーさんが行方不明・・・・。
僕が言っちゃいますよー、アチョー!!!

theme : これほしい!
genre : 趣味・実用

ボヘミア

見て下さい。可愛いでしょう。
ころころと可愛い豚くんのガラス玉。
漁師さんの浮き玉にも似ていますが、
なんとこれは、ボヘミアンガラスです。

         ボヘミア 豚くん

手作りのため、重さ・形に個体差があります。
グリーン、イエロー、ピンクの3色があります。
グリーンのブタさんは重さが522gもあります。
ずっしりとした安定感のあるユニークな豚くんトリオです。


そしてこちら。
ぐっと落ち着きのある渋い昭和初期の和鉢です。

        和 鉢

和食だけでなく、パスタやカレー、サラダにもあいますね。
もちろん、手前に見えるそば猪口などと一緒に
そうめん・冷麦にもバッチリでしょう。

リーさんスカ?さぁ・・・・。
夏休み!!を連発していたので、どこかへ雲隠れしたようですね。
僕ですか?僕は・・・・・・・・・
・・・・・・テーブルマウンテンを遠く左手に見ながら、
奇跡のように穏やかなケープホーン沖。
インド洋を北上するに従い海の色は群青色に変わり、気温も上がる。
ヨットの全周は海ばかり、どちらを向いても水平線だ。
聞こえるのははためく帆の音だけ。
果てしなく続く青い海と果てしなく広がる青い空・・・・・・
・・・・・・・・・そんな夏休みを過ごしたかったッス(泣)。



theme : 雑貨
genre : 趣味・実用

ランプ

こんにちは。
今日は照明器具なんか如何でしょう。

          ミューラーランプ

こちらは、『ミューラーランプ』。
ガレと並ぶ有名なガラス工芸社です。
薄暗い部屋で明かりを灯せば、いろいろな色が浮き出て
幻想的にな雰囲気になることでしょう。
古き良き時代を受け継いできたものは素晴らしいです。

【サイズ】高さ**cm
【年 代】1910~1920年
【製作国】フランス


「古き良き時代といえば、こちらもそうですね。
 昭和初期のレトロスタンドです。

        レトロスタンド

『ミューラーランプ』も『レトロスタンド』も
古き良き時代へタイムスリップできます。」

今日から夏休みの筈だけど
なんか仕事してるような気がするんだよね・・・。
「夢ですよ、夢。」
あ、夢かぁー。幻想的なわけだ。
アチョー・・・なんて
言わないでおこうか。
「・・・・・って、言ってるじゃないスカ・・・。」

theme : 雑貨
genre : 趣味・実用

お店紹介

うちのお店です。
そうです、『ブルースリー』です

b3店頭

威風堂々とまでは言いませんが、僕はなかなか良いと思います。
この建物も、来年には改装が始まるようです。


「ちわ。カトーです。
 ここは、ブルースリー事務所内です。
 ここから、『シャノン』や『ブランドオン』へ発信しています。

             pc.jpg

楚そとした美人が作業していますね。
後ろ姿で残念ですが、ほんとに美人です。

明日から3日間夏休みに入りますが、何か紹介したいですね・・・・。
これ、ピエロのオルゴール、小物入れ付きです。
『koji murai』作 高21センチ 幅13.5センチ 奥6.5センチ
曲目 ライムライト となっています。」

          ko-ji.jpg

カトー!俺たちも夏休みだよね。
「・・・・・・たぶん。」
たぶんって何?まさか・・・・・・・。
絶対休むぞー、アチョー!!



theme : インテリア・雑貨
genre : 趣味・実用

アールヌーヴォー対決

「 ジャーン!!スイマセン・・・いきなり始まりました。
 19世紀末から20世紀初頭にかけ、欧米各地で一斉に流行した
 『アールヌーヴォー』の対のフラワーベースです。

           アールヌーボー

アール・ヌーボーの特色である波打つような曲線・曲面が
よく出ていますね。
アンティークという名が相応しい一品です。」


はーい、こちらリーです。
カトーは、100年前で来ましたか。
こちらも、100年の歴史あるノリタケデザインのアンティーク絵皿です。

      オールドノリタケ

1904(明治37)年、名古屋則武に創業された
日本陶器合名会社(現・ノリタケカンパニーリミテド)は、
日本初のディナー皿、数多くのディナーウェアを創作して
日本の洋食器産業の礎を築いてきました。
なかでも明治末から昭和初期にかけて製作された
「オールドノリタケ」と呼ばれる輸出用陶磁器は、
アールヌーヴォー、アールデコといった美術様式を取り入れた、
華やかで美術的価値の高い作品として近年注目を集めています。
まさに、これはそのオールドノリタケです。
シュールだ・・・・。後ろの『木米』もいいですね。

「どちらも、古いのに新しいッスね。
 良いものは、時代なんか関係無いってことッスね。
 納得納得・・・フムフム。」
お、カトー、なんか悟ったね。
悟ったところで、筋トレに行こうか。
「ところで、シュールってなんスカ?新種の肩掛けスカ?」
それは、ショールだ!!アチョー!アチョー!!




theme : インテリア・雑貨
genre : 趣味・実用

夏なので


昨日の鎌倉花火大会は中止でしたね・・・。
朝からの大雨で大事をとったのでしょうが、
夜は降りませんでしたね・・・・。
残った花火は何処へいくんでしょうか?

そこで、今日は美しいデキャンタに囲まれてみようと
やってきました。

             デキャンタ

これだけ集まると壮観ですね。
『オレフォス』あり、『ビレロイ&ボッホ』あり、サイズもいろいろです。
ヴィンテージワインなどは、眠りから覚ますために
使ってみてもよいかと思いますが、どうでしょう。

カトーにはそんな繊細な趣味はないか・・・・。
「何を言ってるんですか!
 今日、僕が紹介するのは・・・・・
 繊細も繊細・・・・・
            ラリック
よいしょ!!っと。 フランス 『ラリック』です。
こちらはルネ・ラリックのアンティークで、
クリスタルとフロステッドクリスタルを組み合わせた
代表的技法と言ってもよいと思います。」
           高約6センチ 径約16センチ

ガラスの世界も奥が深そうだね。
「そうなんスよ。何もしなくても置いておくだけで美しいでしょ。」
そうそう、吹きガラスなんてまさに神業!!
「肺活量の勝負ですかね。」
やっぱ、何事も筋トレが大事だね。
カトー!ポーズ付けてる場合じゃないよ。
体育館行くよー。アチョー!!!




theme : とくとく生活情報
genre : 趣味・実用

夏休みモード

夏本番!海へ向かう若い人たちが多いですね。
海もいいですが、ここもいいですよ。
今日は、こちらをご紹介しようと思います。

             サンルイ

フランス 『サンルイ』ブランデーグラスです。
グラスといえばバカラが有名ですが、
サンルイはバカラと並ぶ高級食器の名門です。
日本での知名度はバカラの方が圧倒的に高いのですが、
実は歴史も格式もサンルイが上だったりします。
職人さんはマーケティングが苦手だったのかもしれませんね。
現代のグラスで見られるような透明度の高い、
美しいものへと完成させたのはサンルイだと言われています。

          
「さて、僕の番ですね。
 僕がご紹介するのは・・・・・・・
          ww カールゾン

イギリス 『ウェッジウッド』のカールゾンシリーズです。
ウェッジウッドについては、説明は不要ですよね。
ただ、この『カールゾン』は既に廃盤品のため入手困難です。
早めのゲットをお勧めします。」

今日も暑くなりそうだねぇ・・・・・・。
「夏ですからね、暑くないと。
 それはそうと、10日は鎌倉花火大会ですよ。行きますか?」
・・・・・考えておくよ。
「あれ。今日はオチはないんスカ?」
オチ?オチ、オチー、オチョー、アチョー!!
「ハハハハ・・・・、涼しくなりましたぁ。」



theme : とくとく生活情報
genre : 趣味・実用

リンク

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ ブログランキング

カテゴリー

おすすめの本

フリーエリア

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック