05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
   

☆アンティークのウェッジウッドデミタスカップ&ソーサー、ターコイズブルーが素敵です

☆前回ご紹介したホワイトリーフ・パウダールビー

 現代物の廃番貴重品でしたが

 こちらのターコイズブルーのデミタスカップは1930年ぐらいの

 アンティークなお品です。

 バックスタンプも少し違っていますね。

DSCN4210.jpg

DSCN4211.jpg

DSCN4212.jpg 

shannon.shop-pro.jp/
スポンサーサイト

theme : 骨董・アンティーク大好き
genre : 趣味・実用

☆1930年代~英国製のアンティークシェードが入りました。

◆英国から湘南に移築した洋館の天井に付いていたものです。
 
  手にとって見るとガラスの風合いが現代ものと違って

  どこか温かみが感じられます。

DSCN4205.jpg
なぜ現代物だとこの雰囲気が出せないのでしょうか?

theme : 骨董・アンティーク大好き
genre : 趣味・実用

☆ドイツからアイルランドへ旅した陶磁器製レース人形、アイリッシュドレスデン

★コレクターの方からアイリッシュドレスデン

 とても素敵でロマンにあふれるレース人形がいろいろと入りました。

 今回はそのうちの一つを紹介しましょう。


DSCN4202.jpg
このレース部分の繊細さは他メーカーのついづいを許しません。


theme : フィギュア
genre : 趣味・実用

❤ホワイトホール パウダールビー❤

イギリスが誇る世界的に有名なウェッジウッド
洋食器の紹介本を見ると どの本も最初に紹介するといっても過言ではないですよね。

窯が開かれたのは1759年。
「イギリスの陶工の父」と呼ばれるジョサイア・ウェッジウッドが
29歳の時設立しました。
彼は13人兄弟の末っ子として生まれ、
満足な教育も与えられず、
12歳で悪性の天然痘にかかり右足を切断するという身体的なハンディを背負っていたそうです。

さて こちらの「ホワイトホール パウダールビー」ですが
ウェッジウッド独特のパウダー模様に伝統的なモチーフをあしらいました。
ツタの葉を金で施し、華やかさを加えたデザインです。

yumi 001


このシリーズは1944年~87年に製造された、
現在では手に入りにくいシリーズです。
パウダールビーとゴールドの模様が
華やかで とっても素敵なカップ&ソーサー
ぜひ その華やかさを お店で確かめてください。

ご購入はシャノンへ

★英国のアンティークカップといえばやっぱり、スージークーパーですね!

★5~6年前まであんなに人気があったスージークーパーですが

 最近は北欧食器などに押されて、ちょっと存在感がうすれています。

 でも、やっぱりスージーのデザインは最高だと思います。

DSCN4213.jpg
星型のドット模様と濃い色目がスージークーパーとしては珍しいカップです。
DSCN4215.jpg
この貫入(ひびではありません)が軟質陶器の特徴です。

文字クリックでホームページへ⇒レトロ&アンティーク鎌倉ブルースリー(高級西洋陶磁器・販売・買取り)
TEL 0467-22-3277

 

 

 
↑クリックお願いします↑



http://shannon.shop-pro.jp/?pid=26812605
0467-22-3277


theme : 骨董・アンティーク大好き
genre : 趣味・実用

リンク

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ ブログランキング

カテゴリー

おすすめの本

フリーエリア

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

最近のトラックバック